2022年4月も終わりました!はや\(゜ロ\)(/ロ゜)/

今回の経営のヒントは「日経新聞から気になる2022年4月の動き」を読み解いていきましょう~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

気になる記事特選

2022/4/18 社内政治は「悪」なのか

社内政治はどろどろのようなイメージがあります。が、組織内でのどろどろはコンフリクト解決や調整としてリーダーシップに良い影響を与えるという。

組織においては必ずしも仲がいいわけではない。派閥も出来るし嫌いな人も出来る。しかし社内調整が出来る人は、リーダーシップや相手の状況をも見えるということで交渉力もあるようです。

社内政治に勝った人は社長になれるぞ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

2022/4/12 社員のやる気、数字で見せる 「人的資本」こそ競争力

企業会計上、人的資本については資産とみなされません。

しかし、ビジネスは人から派生するのはだれもが知りゆること。人を資産として評価することは会計上の長年の問題(;゚Д゚)

無形資産でも計上できない人の評価をどう投資家にアピールするか。人的資本会計はやがて重要指標となるとのこと。

オムロンは付加価値÷人件費で人間創造性を算出しようとしています。すばらしい試みだ\(◎o◎)/!

2022/4/18 日本企業の「偽りの優しさ」 自己決定重視に転換を

今の仕事には愛着はないが、かといって新しいこともしたくないという企業で働く人たちの無気力さが調査で分かったという。

「楽しい・ワクワク」といった感情があまりなく、どうもネガティブが蔓延する職場のようだ。働く人たちが自らのキャリアをしっかりと考え行動する、「自己決定権」が重要だとのこと。そして経営者も社員を飼い殺しするのではなく、事業や人を育てるといったことに覚悟をもつ必要もある。

ジョブ型雇用のことも書かれていますが、自分がやりたいこと、できること、しなければならないこと等をしっかり考えることが大事ですね。

2022/4/6 スタバ創業者が暫定復帰 課題山積、労組結成広がる

いろいろ大変そうなスタバに創業者のハワード・シュルツが一時的に戻ってくるという。

従業員との労使関係の問題がいろいろあるとのこと。スターバックスは従業員にとてもよくしていた会社だけに問題が発生するとなかなか大変そうだ。

ハワード・シュルツはどのように解決するのか、興味津々だ(;゚Д゚)

2022/4/15 価格より哀愁 マック、大人の階段「ちょい」上る

マクドナルドのマーケティング戦略。

マーケティングトップのズナイデン氏がいう「ブランド価値とは、体験価値を価格で割ったもの」

体験価値をどのように上げていくかがマーケティングの力だ。2018年より体験価値を重視しているマクドナルドは絶好調\(゜ロ\)(/ロ゜)/

あとがき

4月は人事戦略の記事に目が行きました。

5月はどんな記事に注目するでしょうか。楽しみです\(◎o◎)/!