人生をどのように生きるのか。

しなやかに、かろやかに、ステキに生きたいものです。

今回の経営のヒントは各業界から絶賛の「2016/1/15 マインドセット「やればできる! 」の研究 単行本(ソフトカバー) –   (著)キャロル・S・ドゥエック , (翻訳)今西康子」です。マインドセット(心のあり方)で「やればできる!」を学びましょう~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

クリックしたらAmazonへGo!

やればできるの研究

人は失敗したときどのような行動をとるのか。

自分の能力は石版に刻まれたように固定的で変わらないと信じている人ー「硬直マインドセット=fixed maindset(フィックストマインドセット)」の人ーは、自分の能力を繰り返し証明せずにはいられない。(本書よりP11)

硬直マインドセットはつまずいたらそれでおしまい・・・(´;ω;`)ウゥゥ

しなやかマインドセット=growth maindset(グロースマインドセット)」ー人間の基本的資質は努力しだいで伸ばすこと(グロース)ができるという信念だ。(本書よりP11)

しなやかマインドセットでは、つまずいてもそこから何を学ぶか、そしてどう成長できるかを追求する\(゜ロ\)(/ロ゜)/

能力は生まれながらの才能である。そして、その才能で生きるのかが硬直マインドセット。

能力もある。そして、その能力以上に努力をし成長することを意識し実行するしなやかマインドセット。

例えるならば元メジャーリーガーのイチロー選手だ!才能に努力を重ねて大記録を残す選手なんだ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

しなやかマインドセットになろう!

硬直マインドセットとしなやかマインドセット、思い込み(ちょっと失礼な言い方だが)一つで世界が変わるのは見えています。

しなやかマインドセットの心の在りようは加速する現在の世の中ではとても重要な在り方だ。自分の能力の殻に閉じこもる硬直マインドセットでは、世の中の流れについてはいけない。なぜならば全てが他責になりかねない。自分自身の問題であり、自分自身からすべて発生していること「当事者意識」でなければ世の中の本質をつかめない。

ましてやコンフォートゾーンすら抜け出せないようであれば真の成長は望めない\(゜ロ\)(/ロ゜)/

企業自体が硬直かしなやか、か。これも企業が成長するかどうか、よくわかりますもんねww

あとがき

成長するものだけが生き残れる。

しなやかマインドセットは成長を重視する。

では生き残れるのは硬直マインドセットかしなやかマインドセットか。

答えはもう既に出ていますね、「やればできる!」です(#^^#)