古今東西、様々な経営コンサルタントの先生方がいます。

専門特化したコンサルタント、事業領域の広いコンサルタント、税理士でも財務コンサルをされる先生もいらっしゃいます。

このブログでも様々なコンサルタントの先生の名著をご紹介してきました。コンサルタントのそれぞれの得意分野が凝縮されています。実際のコンサルを受けたら数百万?かかりそうな内容も本1冊ならば数千円でその一部が垣間見えますね(#^^#)

そして、経営者・起業家・イノベーターの今回の経営のヒントは・・・「あなたの会社が90日で儲かる (著)神田昌典」です!

 

 

 

 

 

 

本をクリックしたらAmazonへGo!

売れない理由、エリートやコンサルタントにハマる罠

本書ですが実は1999年12月20日初版発行の本です。約20年前の本です・・・

内容を熟読しましたが、、、色あせていません\(◎o◎)/!

やはり、ノウハウ系は時代に流され廃りもありますが、法則性のものは時代がたっても古く感じません。なぜなら「法則」だからww

神田先生の経歴もやばいすね。エリートだわ。上智卒、外務省勤務、ペンシルバニア大ウォートンスクールMBA取得、コンサルティング会社勤務、うは\(◎o◎)/!

私の考えでは、集客というのは科学である。(本書よりP26)

すべてのビジネスは、商品・サービスを顧客に知ってもらうとから始まります。知ってもらうには、まず集客\(◎o◎)/!

集客が出来ないとビジネスはなりたたないと過言ではありません。

一生懸命頑張れば売れる、安いから売れる、ニーズをつかめれば売れる、気に入ってもらえればいつか売れる、チラシを配っても有名な会社じゃないから売れない、、、という幻想は打ち消せ!

エリートが、叩き上げ経営者をダメにする(本書よりP72)

えええ???\(◎o◎)/!

(エリートの)そのアドバイスに従うと、実に教科書的な企業になる。その企業が、当初もっていた独自の面白さをどんどん消してしまう。その結果、お客にとっても、社員にとっても、つまならに会社になる。すると、業績がガターンと下がる。(本書よりP74)

どこかで聞いたことのある内容・・・Σ(・ω・ノ)ノ!

なぜなら教科書の知識は役に立たないからだ。(本書よりP74)

な、なんと・・・Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 

 

 

 

 

クリックしたらAmazonへGo!

確かに「MBAが会社を滅ぼす マネジャーの正しい育て方 (著)ヘンリー・ミンツバーグ 」という本にもMBA所有の経営者のことが書かれていました・・・・(´Д⊂ヽ

本書、神田先生もご自身の体験でビジネスの立ち上げ時にMBAは役に立たないと、、、この一文で納得しました。

それは、ビジネススクールでは、出来上がった事業を分析・管理することは教えても、新たに事業を立ち上げるスキルについては、ほとんど教えないからである。(本書よりP84)

もう、ここまで隠さずに言う先生はいません。好きになりました(笑)

ビジネスとは、見込客を費用効果的に集め、成約して、繰り返し買ってもらうプロセスである。(本書よりP87 )

ビジネススクールでは、教えない。すべて現場任せである・・・・

 

 

 

 

 

 

クリックしたらAmazonへGo!

「なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?  ()フィリップ・デルヴス・ブロートン」ありますねww

ビジネススクールでは営業を教えない・・・営業=集客ではないのですが、営業の中にも集客が含まれている場合や考え方が多く、営業という仕事が嫌いな人も多いはず・・・

広告宣伝のスキルが必要なのだ。(本書よりP87)

エモーショナル・マーケティングの神髄

お客様の感情(エモーション)に変化を起こし、広告宣伝により集客の数を増やすこと。

法人といえども、購買を決定するのは人間である。だから法人であっても、消費者であっても、感情を動かすメカニズム(本書よりP125)は同じなのである。

本書でも、お客の反応・感度の高いチラシや広告作成の方法、学び方、事例、そして本質が記載してありますのでしっかり学んで欲しいです。

顧客の理解、心理的な部分を学び、会社に蓄積していくことが重要であると(#^^#)

この当時の、エモーショナル・マーケティングのコンサルが神田先生のビジネスだったのかな??と思いつつ(現在はさらに進化されていますが・・・)

広告宣伝により、顧客をしっかりと集客し、ビジネスモデルを構築していく。

ここが、うまく回れば半永久的に顧客が回る仕組みが出来て行きます。これこそが、広告宣伝の力ですね・・・(ここは、本書をしっかり見て下さいね。

商品が勝手に売れるようになったら営業マンも楽ですよね~。

「集客は科学である」という20年前の本書から言えば、当時はスマフォもなかった時代です。現在なんて、さらに顧客とつながるのに簡単な時代です。購買に関して、感情により動くということはいつまでたっても変わりませんね。人が人たる所以の本質的部分。AIにはできません!

あとがき

有名なコンサルタントの先生方の本を何回か記事でご紹介したことがあります。が、やはり、その本の内容の通り継続的に行えるかが大きなポイントですね。だからこそ成果がでる。成果は、やり続けることができるか。ここに感情はいらないですね(笑)