この地球に残された最後のフロンティア、それは「アイデア」だ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

世の中にはお金がない、と思われるかもしれませんが、資金が集まる場所がある。資金が集まる場所にはアイデアがある。これからの時代を見据えてどのようなものに価値があるか「2021/9/2 アイデア資本主義 文化人類学者が読み解く資本主義のフロンティア (著)大川内 直子」を読み解きましょう\(゜ロ\)(/ロ゜)/

クリックしたらAmazonへGo!

アイデアが富の源泉なのである

クラウドファンディングはご存でしょうか。

アイデア一つで多額の資金を呼び起こすことができる仕組みがインターネット上に存在します。

銀行からお金を借りて、お金を貯めて、出資してもらってといういわゆるオールドな資金調達でなく、アイデアの評価次第で即座にお金が集まる時代になっているんですね\(゜ロ\)(/ロ゜)/

身の回りにある品は安価で丈夫で長持ちします。モノを所有する発想から皆で利用するシェアの思考までモノがあふれる時代に物質主義だけでは満たされないマーケットは存在しています。

本書では資本主義の再定義を唱えています。

資本主義は拡大の歴史、今までは見えるものに投資されてきました。今では見えないインターネット空間や宇宙空間まで投資されています。

こうした変化は、資本主義にとってのフェーズが変わったことを意味しています。目に見える領域にはもはや投資先がなくなってしまったのです。(本書よりP4)

資本主義の限界というよりも、資本主義の拡大志向としての投資先がない!だから仮想通貨とかいっちゃうんですよね~(;゚Д゚)

ところが、現在はアイデアと資本との分離が生じています。アイデアが資本とは独立して存在しており、フロンティアとしてのアイデアに参入しようと、資本が競合している状況なのです。こうした状況を本書では「アイデア資本主義」という語によって定義します。(本書よりP4)

アイデアにお金が集まる時代となりました(*’▽’)

アイデア資本主義で起こること

日経にお隣韓国のコンテンツが強いという記事が出ていました。

ネットフリックスの「イカゲーム」のヒット、KPOPグループのBTS(防弾少年団)の所属する企業が上場によ時価総額1兆円を超えたとか・・・

アイデアが商品やサービスに付加され、コンテンツになったりすると世界中でヒットすれすさまじい利益を生みます(;゚Д゚)

思考(アイデア)一つだけで投資の対象になるということを意識しなければなりません。

既に現実に世界中では起こっています\(◎o◎)/!

新しいアイデアには世界を変える価値があることを忘れないでいよう。

アイデアは知財とも呼ばれる分野でもあるので特許や商標で守るという意識も重要ですね。

あとがき

資本主義は人類の栄華の発展にとても貢献した制度です。

資本主義の行き着く先の限界が昨今と呼ばれる今日、世の中にはまだまだ多くの問題があります。

社会課題や人類共通の問題、地域や場所によって起こりうる問題の解決手法にアイデアは重要ですね\(゜ロ\)(/ロ゜)/