賢くなるということは何歳になってもできるんだ!

思考の「質」と「スピード」をあげることができる。

それが本書のメソッド「2013/12/20 ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング (著)赤羽 雄二」だ!

今回の経営のヒントは、「ゼロ秒思考」を学びましょう!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

クリックしたらAmazonへGo!

言葉が、かっこよすぎる・・・

「ゼロ秒思考」、A4一枚の紙に1分で課題やアイデア、問題、感情等のタイトルをあげ自分の思っていることや考えていること悩んでいること気付きを数行ずつ一気に書く。本当にメモ書き程度でよい。実際に体験しましたがなるほど「言葉」が出てこない(笑)

本書でも、ずっと続けることで思考は整理され言葉はでてくると\(゜ロ\)(/ロ゜)/

頭の中が「ぐっちゃぐちゃ」になったときは紙に書きだしまとめることはとてもいいことです。

頭の中が整理され「もやもや感」が消え、心のなかもすっきりしますね~\(◎o◎)/!

とまぁ、本書では仮説思考のトレーニングにも「ゼロ秒思考」はとても使えるという。それは「優れた経営者」だ。

優れた経営者は即断即決のスピードが超速い。それは、なぜか。

圧倒的な仮説を立て検証するということを繰り返し行っているという。問題意識も高い、常に情報に対する感度の高さはアンテナ立ちまくりw

そして信頼できるネットワークとそこからもたらされるエビデンスには信ぴょう性が高い。そりゃビジネス、超高速だわ\(◎o◎)/!

「メモ書き」は、1ページを1分以内、毎日10ページ書く。時間はわずか10分だ。費用はかからず、頭や感情の整理に即効性がある。~略~さらに数ヶ月続けると、瞬間的に全体像が見えるようになり、「ゼロ秒思考」に近づいていく。ものによっては、瞬間的に問題点が見え、課題が整理でき、答えが見えてくる。この変化には、性別、年齢、経験を問わない。(本書よりP631)

日々の行動や思考がインプットされ、それを強制的にアウトプットする。

「ゼロ秒思考」により、思考は強化され強化された思考は行動を加速させるんだ・・・\(◎o◎)/!

本質を捉えることが「ゼロ秒思考」だと考える

日々のメモ書き、仮説思考を徹底的に鍛え行動を加速させることができると物事の一番大事な「本質」に近づけるように思います。

本書でも太古の昔の人類はサバンナで出会ったライオンと戦うか逃げるか瞬時に決めていたという表現からもあるように、人間の本能は「生きるか死ぬか」の生存競争という世界で生きたはずです。それは瞬時に判断することがとても重要な世界だ。

何が言いたいかと言えば、人間にはもともと素晴らしい判断力、思考力とそれに基づく行動力があるが、のんびりしていても何とかなるという甘やかされた環境、出る杭は打たれがちなムラ社会、周囲との摩擦を起こさない行動様式、慎重に考えるよう釘を刺してきた先輩たち、詰め込み式の学校教育、あるいは行儀よさを要求した保守的な親の躾(しつけ)、等々の複合的な影響でせっかくの能力に蓋をし、退化させているではないかということだ(本書よりP52)

思考し、生きるということに私たちの祖先は生存してきた。

そんな遺伝子を含む我らビジネスパーソンは瞬時に「本質」を捉えることに全力でなければならない!かもしれない・・・\(◎o◎)/!

あとがき

「ゼロ秒思考」は失った現代人の「野生の本能」を呼び覚ます驚異的なツールかもしれません。

進化をさらに続けていきましょう!(#^.^#)