僕たちは大人になるにつれ自分の夢をあきらめていた???

しかし、夢をかなえるゾウがいた・・・\(◎o◎)/!

ある青年の日々と謎のゾウ・ガネーシャの課題をこなしながら成長していく不朽の名作「夢をかなえるゾウ (著)水野敬也」を読み解きましょう!

クリックしたらAmazonへGo!

変わりたいが変われない

日々の自分を変えたい!変わりたい!という願望、夢をもっているたくさんの人達に影響を与えた関西弁をしゃべる謎の神様ガネーシャww

自己啓発の中でも多々ある本書はストーリー仕立てで面白いですね(#^.^#)

・靴をみがく

・食事を腹八分におさえる

・人が欲しがっているものをを先取りする

・会った人を笑わせる

・トイレ掃除をする

・まっすぐ帰宅する

「本気で変わろ思たら、意識を変えようとしたらあかん。意識やのうて『具体的な何か』を変えなあかん。具体的な、何かをな」(本書よりP130)

意識を変えることは、瞬間的にできますが、それだけでは変わりません。

変わろうとする事象には継続的に取り組む必要があります。意識⇒行動をずっとやり続けることが重要なんですね。

「本を毎月10冊読む」

「ダイエットして体重を10キロ落とす」

「大学院でMBAをとる」

「会社で出世」

などなど・・・願望は尽きません・・・\(◎o◎)/!

期待は感情の借金

なりたい自分、変わりたい自分を意識するのは簡単です。そのなりたい自分に変わるのに行動にうつす。

自分はワシに期待しとる。『この神様なら僕を変えてくれる、どこか今までとは違う場所に連れてってくれる』ってな。せやろ?(本書よりP276)

憧れの人やカリスマ、講師、本、教材、勉強、教え等・・・様々なことが私たちを変えてくれると思わす、期待させてくれる意識や感情にそうさせてくれることに陥ることがありますね( ;´Д`)

「期待は感情の借金やからな。」(本書よりP277)

期待する⇒やってみる⇒できなくなる⇒凹むことになる( ;´Д`)

未来を予感し、「こうなるんだ!」と期待し、感情が動く。高揚感の前借により壁にぶち当たり諦めていく・・・

「もし自分が変われるとしたら、行動して、経験した時や。そん時だけやで」(本書よりP284 )

未来を期待して変わろうと意識してもやり続けることはやっぱり「自分」ということ。

だれかの力で変われるということではなく、自分で行動し経験して変わっていくことが出来るということ。

とってもシンプルなことですね~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

人間は楽な方向に生きていくという生物なんですね・・・

あとがき

未来の自分に期待して、現在の自分に行動を与える。

過去の自分がどう行動して経験したか、とても面白い見方です。

期待して、興奮してエネルギーに変える。期待は感情の借金。名言ばかりの本書。

行動すれば次の現実という名言通りと改めて思う今日この頃です(#^.^#)