中小企業のマーケティングを考えるとwebやSNSでの情報発信は既に当たり前になってきました。

弊所でもホームページ、フェイスブックページ、Twitterを展開しています\(゜ロ\)(/ロ゜)/

フェイブックページ⇒https://www.facebook.com/taxiwasakioffice/

Twitter⇒https://twitter.com/tax_iwasaki

マーケティングは、商品・サービス、又は企業を顧客に伝えるための手法。中小企業には大企業みたいに湯水のごとく使えるお金がない!!!

昔はTV等の媒体でCMなど不特定多数の潜在顧客に流しリーチしていましたよね。昔のTVは強かった・・・

現在ではYouTubeなど、企業や商品自体にチャンネルをもてるようになっているのも圧倒的な変化です。YouTubeのチャンネルの番組なんてTV番組と遜色ないぐらいのクオリティーがありますもんね。

中小企業の勝てるマーケティング

記事でも紹介した著名なコンサルタントの先生方のマーケティング手法\(゜ロ\)(/ロ゜)/

2020/1/3 「売れるしくみ」で営業力アップ!

2020/4/14 エモーショナル・マーケティングで顧客をつかむ!

B2B、B2Cしかり石原先生も神田先生も新たな顧客の創造、見込み顧客へのアプローチそして顧客化へと仕組み作りが重要ということが分かります。

顧客とどのようにつながっておくのかマーケティングのいっちばん重要なところですが顧客台帳(リスト)があればこそのマーケティングです。やはりよく言われる顧客リストのメンテナンスはしっかりとやっておきたいところです。

最近、気になるマーケティングは「ワクワク系マーケティング」の小坂先生!\(◎o◎)/!

神田先生のエモーショナル・マーケティングの「人の感情」に訴求することはファンを作るうえで圧倒的な強さです。ワクワク系マーケティングのアプローチも「人」に対してですね。

顧客をファンに経済圏を創る

最近、「おー!!!」と感心したマーケティングはキングコングの西野さんが主宰しているオンラインサロンの会員数が40,000人以上、月会費が1,000円!年間5億以上の収益が生まれている!そして、このオンラインサロン内で会員の人たちが互いにビジネスをしていることも・・・

コミュニティの中でのビジネスエコシステムが出来上がっていく姿、すごいですね( ;´Д`)

※参照YouTube、西野さんとラファエルさんが濃い~ビジネスの話をされています。

ビジネスが回る仕組みができ始めるとコロナ禍でも怖くないということです。

中小企業でも顧客リストをもとに独自の経済圏を創ることも可能です。しっかりと構築したいところです。

今日の日経新聞にものっていた1日100食限定のステーキ丼を販売している「佰食屋」さん。ここは本も出されて数々の賞も受賞されています。

広告がうまい、と本当に思います\(◎o◎)/!

あとがき

顧客に対しての情報発信、顧客への感情への訴求、見込み客を顧客化していくフォローと様々なマーケティングの手法は自ら体験して初めて分かります。

裏の仕組みに気づくと、商売はますます楽しくなりますね(#^.^#)

販売は科学だ!!!