小さな企業は、大会社に負けない戦略で顧客ニーズをつかむ必要があります。

また小さな会社を経営する経営者は勤め人ではないので自分の想いをビジネスにのっけることもできます。

そんな「生き方」と「働き方」を一致するビジネスモデルを考える経営者・起業家・イノベーターの皆様におくる今回の経営のヒントは「小さな会社のブランド戦略(著)村尾隆介」を読み解きましょう~!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

 

 

 

 

 

クリックしたらAmazonへGo!

ブランド、それは約束

ブランドを語るとき、よく言われる名言「ブランド、それは約束」\(゜ロ\)(/ロ゜)/

ブランドを作ることにより誰からも応援される会社になる。

そして、一度ブランドを構築するとよっぽどのことがない限りその繁栄は続く。

本書のサブタイトル「生き方」と「働き方」が一致するビジネスモデルを作ること、それがブランドに集約されることですね\(゜ロ\)(/ロ゜)/

小さなブランド会社の定義

『あなたのビジネスに関わるすべての人がファンになるような、研ぎ澄まされた経営をしている会社』(本書よりP18)

皆様、「ブランド」を意識していますか???\(゜ロ\)(/ロ゜)/

小さい会社、スモールビジネスこそブランド力!!!

コロナ禍においても根強いファンがあった飲食店では顧客がテイクアウトや通販を利用して飲食店を盛り上げたという事例もあります。

見方を変えれば、小さな会社のブランド戦略は、「大好きなお客さまと付き合うための戦略」です。(本書よりP41)

小さな会社を大事にしてくれるファンは、経営者にとってとても大事な人たちです。ファンの方々を喜ばせる、幸せにしてあげる会社は、大好きな顧客を大事にしてあげあればいいのだ。

ストレスフリーですね\(゜ロ\)(/ロ゜)/

ブランド力で夢を語る

誰もが先行きに不安に思う世の中。だからこそ、企業原点に立ち返りなぜビジネスを起こしたのか問いただそう!

ビジネスは間違いなく世界を良い方向に道ぶくことができます。使命感のあるビジネスは、世の中を変えることができます。(本書よりP43)

大好きなビジネスで世界を変える、ファンを幸せにするこそ使命だ!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

ブランドを構築する、全体戦略を考える必要があります。本書により、ブランド力向上のヒントをしっかり得ましょう\(◎o◎)/!

小さな会社にブランド戦略は必要なしという思いは払しょくします。ブランド戦略構築によるメリットは、やはり集客や広告宣伝に多額の費用を投下しないことかもしれません。

ファン作りによる安定的収益の計上、利益はファンに還元すること。

安定収益を多額の広告宣伝に投下し新規顧客の発掘も重要かもしれませんが新規顧客が増加することにより今までの顧客が離れる恐れもあります。

小さな会社は、経営者を含めて少ないメンバーでファンに相手にするため新規顧客の獲得は今までのファンに喜んでもらえるサービス低下の恐れがあります。

売上至上主義を打破すべきところですね\(◎o◎)/!

あとがき

コロナ禍において次の時代にくると言われる「ニューノーマル」な世界。

ビジネスにおいても目が苦しく変わる世界で、変わらない普遍の原則。

ブランド力を構築し顧客に、地域に、世の中に必要とされる会社を創りましょう\(◎o◎)/!