世の中の複雑な解は、思考ひとつで解決するかもしれません\(◎o◎)/!

経営者・起業家・イノベーターの皆様におくる経営のヒントは「1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法 山口揚平(著)」です!

 

 

 

 

 

 

クリックしたらAmazonへGo!

タイトルからは想像できない!!

本書、まさに啞然です・・・(゚Д゚;)

やばいですね。1日3時間で働く方法のノウハウ本かと思いきや、、、えげつない思考方法の本でしたww

なるほど!人は思考を究めれば、1日の労働時間は限りなく少なくなるのだ!!!\(◎o◎)/!

最近のブログでも「未来を思考することの重要性」はよく書いておりますが、まさしく本書はひとつの解になる本だと思います。

また思考力・相続力を養うことが出来れば、「問いを問う力」や「つながりを見出す力」、「物事をイメージする力」、さらには「ストーリーテリング力」なだ、幅広い能力を培うことができる。(本書よりP14)

本書では、この力を持っているのがお笑い芸人と。賢いのはお笑い芸人・・・Σ(・ω・ノ)ノ!

キングコング・西野亮廣さん・・・まさに大活躍する芸人兼絵本作家兼実業家・・・・\(◎o◎)/!

ピーチ・又吉直樹さんn・・・芸人兼芥川賞作家!!!\(◎o◎)/!

ダウンタウンの松本人志さん、お笑い怪獣・明石家さんまさん・・・うほーーー確かに!!!(#^^#)

発明家も0から1を生む。起業家もそうだね~\(◎o◎)/!

知識や情報量ではない、考える力=思考力。新しいものを生む力だ。考える力を養うのだ!!!\(◎o◎)/!

メタ思考とは具体的に言えば、対象を一度抽象化して本質に迫り、再度各論に落とす思考のことである。(本書よりP28)

物事をひとつ上の視点から見て考える方法。高く見て、引いて見る、俯瞰するですね\(◎o◎)/!

本質を見る力を養うことが、とても重要だと本書から読み取れますね。

考えて、考えることでAIに勝る

思考により、本質を捉えることが重要です。

しかし、この本質を捉えることは、とっても難しいです(;’∀’)

とても素晴らしい尊敬できる人生の師匠やできる先輩、経営者のかたは「本質」を捉える能力がすごいですね。

歴史上の先人たちも、まさにその通り。「未来を思考する力」、「本質を捉えること」が現在の日本や世界が続いている最たる例ですね。

つまり、本質的な思考は左脳から生み出される論理的思考でもなく、右脳的な直観力や想像力だけでもないということである。それは人間の持つ左脳と右脳の不思議で微妙なバランスによって生み出される洞察力にある。(本書よりP86)

システム思考のような相互作用で世の中はすべては繋がっているということを理解できていくのでしょうね\(◎o◎)/!

「未来を思考する」ということで、毎度迷いますが、最後は、「えいやー!」なんでしょうね。

考えて、考えて、考えたあとは、なるようになるということで!\(◎o◎)/!

あとがき

2019年当初、読んだ本書ですが、「えげつない本」がきた(笑)と思いました。

1年たつと改めて「なるほどな~!」と(#^^#)

次回へつづく~!