平成から令和へ、新元号になってから4ヶ月がたちました。

みなさまの生活にも何か影響はでてきましたでしょうか?

時代の流れが加速するなかで、新しいテクノロジー、新しい制度、新しい社会と言った旧来とはちがう世の中になってきました。

それはいつの世も同じで学問・科学・政治・文化により様々な時代をへて現在は過去になっていきます。

そんな時代に生きる経営者・起業家・イノベーターの皆様におくる今日の経営のヒントは今から20年前のベストセラーの「チーズはどこへ消えた? スペンサー・ジョンソン著」を読み解きたいと思います(/・ω・)/

 

 

 

 

 

 

変化をどう捉えるか?

本書の主役は二匹のネズミの「スニッフ」と「スカリー」、二人の小人の「ヘム」と「ホー」です。

今まで、たくさんのチーズがあった部屋のチーズがなくなったことから物語の展開が始まります。

チーズがなくなったこと、これが「結果」なのですが、なくなる前の前兆に気付いたか、この前兆が「変化」です

ネズミの二匹は、部屋のチーズが毎日、減っていくことは知っていました。

小人の二匹は、部屋のチーズがなくなってから気付きました。

変化に気付く、気付けば次の行動をどうするかということが問題です。

ここでも二匹のネズミは次のチーズを探しに、二人の小人はがっかりし中々行動にうつれません。

単純と複雑な思考

二匹のネズミは単純な思考で、なくなったら次のチーズを探しに行かなきゃですが、二人の小人は複雑な思考で、今までのチーズのある幸せな生活が忘れられませんでした。

彼ら(ネズミの二匹)にとっては、問題も答えもはっきりしてた。チーズ・ステーションCの状況が変わったのだ。だから自分たちも変わることにした。(本書よりP26 )

二人の小人は、今まであったはずの「チーズ」という過去にとらわれてしまうのです。

毎日、なくなったチーズの部屋に行き二人は懸命に部屋を捜索します。しかしチーズはでてきません。

ホーは、勤勉に働いても成果があがるとは限らないことがわかってきた。(本書よりP36)

変化を捉え変わろうとする恐怖

変化を意識したとき、考え方は2つあります。

変化を受け入れるか、変化を受け入れないか。

受け入れたとき、そこには恐怖があります。今までに経験したことがないこと、思考や行動することはかなりの緊張と不安を感じます。

以前は不安と恐怖で思考力が鈍っていた。十分なチーズがみつからないのではないか、みつかっても望んでいるほど長くもたないのではないか、と思ったのだ。事態が好転すると思うより悪化すると思うことのほうが多かった。(本書よりP57)
従来どおりの考え方をしていては新しいチーズはみつからない(本書よりP58)

小人のホーは変化を受け入れ、恐怖を克服しながら新しい思考と行動を身につけます(#^^#)

物事を簡潔に捉え、柔軟な態度で、すばやく動くこと。

問題を複雑にしすぎないこと。恐ろしいことばかり考えて我を失ってはいけない。

小さな変化に気づくこと。そうすれば、やがて訪れる大きな変化にうまく備えることができる。(本書よりP65)

人生はシンプルに

変化に早く適応すること。遅れれば、適応できなくなるかもしれない。

最大の障害は自分自身の中にある。自分が変わらなければ好転しない。そう思い知らされた。(本書よりP65)

20年ぶりに読み返した「チーズはどこへ消えた?」ですが、この20年間のあいだに社会は変化しています。

この変化をどう受け入れ、思考し、行動するかで人生に影響を与えることがよく分かりました。

チーズの匂いをかぎましょう。。くんくんww新しい世界にワクワクですね(#^^#)

★変化を受け入れる人にもってこいの記事★

イノベーターの思考