企業経営にとって重要なもの、それは利益だ。

そしてその利益と言われる源泉はどこから湧き出てくるのか?

今回の経営のヒントは「2002/12/14ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか (著)エイドリアン・J・スライウォツキー」です。

利益モデルが23もある。それも物語形式だ。さぁ!勉強しましょう!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか | エイドリアン・J・スライウォツキー, 中川 治子 |本 | 通販 | Amazon

利益モデルのお話し

本書を読み返してびっくりするほど、マーカーや付箋が引かれていませんでした・・・(;゚Д゚)

ということは、利益の物語についていけなかったのは事実です・・・(;゚Д゚)カワイチョ

ということで、まずは23の利益モデルを書いてみましょう!

1.顧客ソリューション利益モデル

2.製品ピラミッド利益モデル

3.マルチコンポーネント利益モデル

4.スイッチボード利益モデル

5.時間利益モデル

6.プロックバスター利益モデル

7.利益増殖モデル

8.起業家利益モデル

9.スペシャリスト利益モデル

10.インストール・ベース利益モデル

11.デファクト・スタンダード利益モデル

12.ブランド利益モデル

13.専門品利益モデル

14.ローカル・リーダーシップ利益モデル

15.取引規模利益モデル

16.価値連鎖ポジション利益モデル

17.景気循環利益モデル

18.販売後利益モデル

19.新製品利益モデル

20.相対的市場シェア利益モデル

21.経験曲線利益モデル

22.低コスト・ビジネスデザイン利益モデル

23.デジタル利益モデル

どひゃーーー(;゚Д゚)

利益の派生は23のモデルからなります。

いろんな利益のモデルを分析する

気になる利益モデルありますか?

ちなみに【6.プロックバスター利益モデル】は、あの全米大手のビデオレンタル業で倒産したブロックバスターのことではありません。

製薬業界用語で画期的な大型新薬のことを言います。大型の新薬開発は多額の費用がかかります。

そして、当たるかどうかも分かりません。治療に有効的な薬だと認められればあっという間に広がります。まさに博打だ・・・(;゚Д゚)

【7.利益増殖モデル】は1つの資産から利益を生む方法。

ディズニーのキャラクターとか該当しますね。知的財産は強いですね。

最近はやたら任天堂のマリオを見かけます。USJにもアトラクションありました。

【10.インストール・ベース利益モデル】は、コピー機のようはハードを安く売りトナーのような消耗品費で稼ぐモデルです。ジレッドの替え刃もこれにあたります。

利益については中川功一先生の「中川先生のやさしいビジネス研究」というYouTubeで紹介されていた利益の式に感動です。

売上とは、売上=どれだけの価値を × 何人に届けたか

費用とは、社会に価値を届けるために、あなたの会社が使った社会資源の総額

利益とは、社会への新規な価値の創造-社会の価値の消費=価値の純増

と略して 創造-消費=価値だ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

あとがき

利益のモデルのお話し。

顧客に対してどのように売るのか、売り方の仕組みでもあります。

改めてマネタイズの仕組みの勉強は重要です\(◎o◎)/!